節約のトリセツ!

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ良品、節約、ポイント等、を紹介していきます!そんなことを学んで行ったら自己啓発にもビジネスにも少しずつ詳しくなったきた。

ETCから選ぶクレジットカード。年会費と更新手数料無料。

f:id:lifebookah590:20180315131358j:plain

ETCカードのおさらい

そもそもETCとは

料金所のところにあり、無線の通信で区間の料金を支払えるシステムです。わざわざ1度停車する必要がないため支払いがスムーズです。

 

他にも割引などの利点もあり、渋滞緩和に一役買っています。

 

利用には専用の機器を車に取り付ける必要があります、最近の車は標準で付いているものも多いです。これにより無線通信が可能になります。

 

後付けはこちら▽▽▽等

 

 ETC割引

 ETCのメリットは割引と、支払の簡便さです。通り抜けるだけというのは本当に楽ですね。

 

一回使うともう戻りたくなくなります。

 

そしてもう一点の割引ですが、これが分かりづらく条件もコロコロ変わります。お気をつけ下さい。

 

2018年の割引について記載します。

➡平日朝夕割・・・平日に5回以上利用する方のみ対象、一般的な使い方では対象になりそうないです。5~9日で30%、10回以上で50%。

 

➡休日割引・・・これは休日利用だけで割引。休日に入るか出るかすれば割引になります。30%の割引。

 

➡深夜割引・・・0~4時までの時間に入るか出るかで割引。割引額は同様で30%。

 

と色々とお得な割引が付いてきますので、機器があるならばクレジットカードの連携で作るだけで利用する事が出来ます。

 

使わないともったいないです。

 

ETCを使うならこのクレジットカード

ETCの場合、考えて置く点はポイント還元よりも、発行手数料と更新手数料が無料なことが最重要です。

 

ETCを頻繁に利用する場合は、ポイント還元を優先するのがいいと思います。

 

どちらも無料でしかもポイント還元の高いカードといえば、リクルートカードです。還元率1.2%でカード自体の年会費も無料ですから。利用頻度に関係なく持つことのできる一枚です。詳しくはこちら▽▽▽

lifebookah590.hatenadiary.com

 

ポイントを優先させるなら、現行最高の還元率はp-one wizの1.5%です。こちらもカードの年会費は無料です、しかし手数料が高いです。発行手数料1,000円、更新手数料1,000円です。詳しくはこちら▽▽▽

lifebookah590.hatenadiary.com

 

では損益分岐点を検討します。どれだけETCを使えば、p-one wizの方が良いかです。

 

ETCカード比較どっちが得

 初年度は合せて2,000円になります。ですので2,000円の還元が見込めればその先はp-one wizの方がお得になります。

 

2,000ポイント得るために使う金額は、133,400円以上の利用が必要になります。ポイントは100円以下切り捨てで貰えませんからそこも注意です。

 

初年度以降は、更新手数料のみになるので利用額は66,700円以上となります。

 

元をとるには、結構利用しないと難しそうです。私はリクルートカードでETCを付帯させています。

 

ETCマイレージサービス

こんなシステムがあることを私はしりませんでした、びっくりです。

 

どんなシステムかというと、そのままなのですが通行料金に対してのポイントが加算されます。

 

このポイント還元率が非常に素晴らしいです。NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社での還元率は5~10%です!

 

凄すぎます。実際NEXCOが私は一番多く利用するので、それが10円で1ポイントは素晴らしい。

 

付くポイントは道路事業者で異なりますので、注意して下さい。

 

そのポイントは交換単位で還元率が変わります。

1000ポイント ➡ 500円分 ➡ 5%

2000ポイント ➡ 2500円分 ➡ 8%

3000ポイント ➡ 3000円分 ➡ 10%

 

ポイントは自動還元サービスに設定しておけば、自動的に5000ポイント➡5000円分で還元してくれますので、ポイントが無駄になりません。

 

 そしてETCマイレージサービスを利用する場合には、登録が必要になります。登録料無料、年会費無料です。

 

ネットからでも郵送でも登録は出来ます。

 

どちらも無料なので、入らない理由はないですね!10%還元素晴らしい。私も今回登録しました。

 

 

まとめ

 ここまでご覧頂き有難うございます。

ETCを選ぶポイントは手数料と還元率になります。利用頻度に合わせて選んで下さい。

 

因みに、年会費や手数料はJCBブランドでないといけません。ここ注意点です。VISAじゃだめなんで気をつけてください。

 

他にも記事を書いています。よかったらご覧ください。

lifebookah590.hatenadiary.com