節約のトリセツ!簡単な副業とコスパの良い物のすすめ

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ、節約、ポイント、クレジット関連の記事を書きます!

ミニマリストやスローファッション、暮らしの質を高める3つの考え方

f:id:lifebookah590:20180128161552j:plain

ミニマリスト

ミニマルから派生した造語。

必要最小限で生きるライフスタイル。最小限度の少ないもので豊かに暮らす。1つの物を長く使ったり、借りたり、共有したり、使うものを厳選する。

 

洋服に関しては10着のみを着回したりして、制服のように毎日同じものを着まわしたりもする。

 

2010年頃に海外で生まれ、日本にもその精神が浸透、必要なものだけ持つ考え方は断捨離にも似ている。

 

本当のミニマリストになれば、部屋にマットレスとPCのみとか修行僧のような装いになりますが、どこまでにするかは個人個人です。

 

その精神論をここでは取り組みたいと思っています。極限まで行けば、そうなり、テレビもソファーもベットすらない。どこまでも行けます。

 

スローファッション

ここで言うスローファッションは、良質な服や親から受け継いだ服を、愛着を持って長く着る動き。「大量生産、使い捨て」というファストファッションの対義語。服が受け継がれていく過程自体の創出もスローファッションの動きで、親の服や、ネットオークションで買った服を自分用にリメイクすることなどもそれにあたります。

 

良質な物であれば、やや高くても長く使うことができ、使い捨てにするよりも結果節約になるという考えです。

 

スローファッションとして、以前記事にしていますので、合わせてどうぞ。

lifebookah590.hatenadiary.com

 

断捨離

 これも一時期ブームになっていましたね、私はこの考え方が好きです。おさらいしておきます。

 

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

wiki参照

 

要らないの買わない、捨てる、欲しがらない。素晴らしい思想です。この考え方も暮らしの質を高める方法だと思います。

 

でも逆に、必要な物は取っておく必要があります。それは個人個人違いがあります。でも思い出の品、写真。こんなものは捨てて後悔するかもしれませんので、注意です。

 

捨ててよかったランキングがありましたので紹介しておきます。

1位 洋服

2位 本

3位 食器

 

ただ捨てるのはもったいないので、今ならフリマアプリが充実しています。利用すれば、不用品に価値が付きます。

 

lifebookah590.hatenadiary.com

 

フランス人は10着しか服を持たない


フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

 

話題の書籍です。暮らしの質を高めるための一冊です。物があふれる時代に、心が満たされない場合そのライフスタイルと思想を変えましょうということです。

 

ミニマリストは服は10、靴は3つらしいですが、それは極限です。

 

しかし3つしか靴は持てません。どれにしますか?という質問がきたらどうでしょうか?相当悩んでで決断することでしょう。

 

そしてその悩んだ結果が、満足になり、大切に使うことになります。本当に気に入ったものなら、同じものが3つでもいいでしょう。

 

見栄を捨てると、本当の自分が何を欲しているのか。そして自分をよく知ることができる。ミニマリストにはそんな利点があると思います。

 

自分自身を見直す。自分が何を好きで、何が嫌いか。じっくり時間をかけて探してみる事が暮らしの質を高めてくれると思います。

 

本当に自分の必要な物だけに囲まれるのは幸せだと言います。その要らない物は買わないことによる余裕がゆとりを生むのでしょう。

 

まとめ

洋服も例えば、10着のみとする場合。ショッピングに行ってもう一着買おうとするときに、1着買う場合、1着捨てるとすると物は増えません。

 

買うときに自問自答すれば、本当に必要なのかわかります。捨てるくらいなら買わない。でもあの服もうそろそろ着れないから購入する。

 

そんな問答をしていると無駄なものは一切購入しないようになると思います。その精神論が暮らしの質を高め、節約に繋がることになると思います。

 

気になった方はお試しください。

他にもおすすめの本


ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス