節約のトリセツ!簡単な副業とコスパの良い物のすすめ

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ、節約、ポイント、クレジット関連の記事を書きます!

節約の先にあるもの。節約したお金で何をするかに意味があると思う。

f:id:lifebookah590:20180124223127j:plain

すべては目的の為の過程

このブログでも散々節約を題材にして、色々と書いてきましたがそれは何のために行うべきなのでしょうか?

 

もちろん使うためです。もしもの時のための備えという方もいるでしょう。備えに関しても銀行にお金を貯金する、もしくは資産運用するといった内容になると思います。

 

それも厳密にいえば、出資です。使っているのです。貯金も円に賭けていることには変わりありませんので。これはFXの話になってしまうので、今回はしません。

 

ともあれ、お金の使い方について今回は掘り下げていきたいと思います。お金を何に掛けるかによって節約の意味も価値も大いに変化すると思います。

人としての生き方も変わるかもしれません。

 

時間=お金

時間はお金に換えることができます。と今回はとっつきにくい内容になっておりますが、お付き合い頂けると嬉しです。

 

時間は時給としてお金に換えることができます。時は金なり。まさにそうです。仕事の内容によってその得るお金も変わりますが基本時間はお金です。

 

知識=お金

知識もお金になります。時間を知識に変えてその知識でもってお金を作ります。一概に言えませんが、ほかの条件が全く同じであれば、知識が高いほうが金銭を得れる機会が多いです。

 

知識=お金=時間

こんな公式があると思います。

 

ドラッカー曰く、「時間はもっとも希少な資源」と言っています。まさにその通り、時間誰もが持っている大切な資源です。

 

その資源を使って人は生きて生活しています。時間を使って、何をするかで人間の生き様は決まるでしょう。

 

人が生活する中で、何にどのくらい時間をかけているか

これは人それぞれですが、その時間をかけて行っている事にお金を費やすことが一番お金の使い道として有意義なのかなと思っております。

 

例えば、一日のうちに8時間寝ている。

この場合一日の約33%の割合は寝ていることになります。寝る時間は33%であれば、人生において3割にも値することです。

 

それに引き換え、例えば、スリッパ。

それもお客様用スリッパ。来客が頻繁であれば、使う頻度も高いでしょうけど私の場合は週1回あるかないか、そして3時間程度。

 

これはお金を掛ける価値があるでしょうか?もちろん、お客様は大切です。キチンとお出迎えしたい、友人に見栄を張りたいこともあるかもしれませんが、それであれば他の方法もあるかもしれません。

 

私はそういうものにお金を掛けません。お金を使うのは時間を使っているものに掛けるようにしています。

 

時間別使用割合から考えるお金の使い方

品目 使用時間(最大1440分) 備考
下着 1425 お風呂以外使用している
720 お風呂に入るまで
腕時計 720 家を出て帰ってくるまで
靴下 780 家を出て帰ってくるまで
スマホ 540 移動中と自宅で
寝具 360 寝ている間
1440 いないこともあるけど
白物家電 最大1440 冷蔵庫は多く、掃除機などは少ないが

 

 これは私の場合であって、人によって違いはあると思います。そして服などは、通勤時と仕事時と就寝時で違う場合時間は少ないと思い書きませんでした。

 

家電も冷蔵庫は長いですが、掃除機は20分程度で終わります。

 

下着も普通は1つではないはずなので、10枚あれば、1/10になりますのでそんな状況を考えると。

 

スマホ、寝具、腕時計、家などは使用時間は非常に長いですね。

 

腕時計は人によっては使わない方も多いです。今回の考え方からするとスマホは非常に使用頻度が高く、私は改めてそれなりにお金を掛けてもいいと思いました。

 

lifebookah590.hatenadiary.com

lifebookah590.hatenadiary.com

まとめ

今回は節約に関する、出費の考え方になりました。勿論違う意見の方もいらっしゃると思います。価値観がそもそも違う方もいると思います。

 

考え方の一つとしてこんなアプローチもあることだけでも伝えられればと思いました。

 

ご意見あれば是非コメント残して下さい、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス