節約のトリセツ!

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ良品、節約、ポイント等、を紹介していきます!

充電池で節約!エネループ・エボルタ、どちらが優れている?グレードも比較。

f:id:lifebookah590:20180114205515j:plain

充電池は経済的

皆様充電池は利用しているでしょうか?

 

充電池は知っていると思いますが一応説明しますと繰り返し使うことができる電池です。一般的な電池は一度使うと終わりで、使い捨てになります。

 

充電池は使い終わっても、充電することで何度も使用することができます。繰り返し使うことができるので、経済的。

 

充電1回あたりの電気代は、4本充電でもわずか約1円。絶対にお得ですね。

 

今回は充電池の「繰り返し使える回数」「容量」「価格」この3点を比較して検討していきたいと思います。

 

充電池の種類

充電池の歴史で有名なのがエネループです。エネループは三洋が作っている充電池でしたが、Panasonicに吸収されました。そしてPanasonicは自社で充電池をエボルタとして販売しています。

 

他にもamazon、Sony、富士通、なども販売しています。

 

そしてバリエーションは単3電池としても、スタンダード、お手軽、ハイエンドの3タイプを揃えています。それぞれ容量が違いますので、Panasonicは使うシーンによって使い分けを提案しています。

  eneloop eneloop pro eneloop lite
  スタンダードモデル ハイエンドモデル お手軽モデル
単3形 1900mAh 2500mAh 950mAh
単4形 750mAh 930mAh 550mAh
繰返し回数 約2100回 約500回 約5000回

 

容量と回数が特徴的になっています。

お手軽モデルは、リモコンなどの消費電流が少ないものは回数を重視。

ハイエンドモデルは、外出先で使用する場合など容量が大きいもで回数が少ないです。

 

充電池比較

では各社比較したいと思いますが、充電池に置いて、モデルがあることは説明しましたが、私はスタンダードモデルを購入することをおすすめします。

 

繰り返し使える充電池ですが回数で言えば約2100回も使えるなら十分です。繰り返し使えるからこそ、その電池の使うシーンは様々になると思われます。ですので、どのシーンでも満遍なく対応できるスタンダードを購入しておけば無難だからです。

 

今回はスタンダードでの比較です。

 

単3 8本での比較 価格 容量 繰返し回数
エネループ(eneloop) 1,769円 1900mA 2100
エボルタ(EVOLTA) 1,807円 1950mA 1800
富士通充電池スタンダード 4本×2個 1,858円 1900mA 2100
乾電池エボルタ 753円 2300mA
amazon 1,572円 1900mA 1000

 

2018.1.14に調べました、価格は販売価格です。

 

ということ比較しましたが、 今回はエネループが一番コスパ高となりましたが、エボルタ、富士通は僅差です。

amazonは安いですが、回数が半分しか使えません。価値半減です。

 

まとめ

今回は充電池で節約の記事になりました。小さい金額ですが、子供がいる家庭であれば、電池は結構使います。

 

使い捨て乾電池も今回比較にしましたが、買う意味がありませんね。充電3回もすれば元取れてしまいます。充電池を導入しない理由がありません。

 

私は購入した月を書くようにしています。何度も買っているうちにどれが新しいかわからなくなりますので、なるべく同じ時期に買ったものを一緒に使うようにしてます。

 

エネループ地味ですが、おすすめです。