節約のトリセツ!簡単な副業とコスパの良い物のすすめ

節約の取扱説明書を目指します!副業、コスパが高い良質な物、色々紹介していきます。

マイナス金利の影響を考える

マイナス金利

日銀がマイナス金利の金融政策を打ち出しました。本当にくるとは思っていませんでした。恐ろしいことですね。これまでの 固定観念のままでは、大損しそうな気がします。
 
簡単にマイナス金利とはどういうことなのか、説明します。今までは、プラス金利だったわけですね。銀行にお金を預ければ、少なからずお金は増えました。利息ですね。
 
コレがマイナス金利になると逆になります。お金を預けると、お金が減ります。ガクガク。。。
 
物凄く怖い状況ですよね。でもマイナス金利は一般市民からしてみると超低金利状態という認識でいいらしいです。今のところはですね。
 

マイナス金利の影響

0.1%のマイナス金利は、今後増えていくと事が予想されます。2014年に政策金利にマイナス金利を導入している中央銀行はECB(欧州中央銀行)、スウェーデン、スイス、デンマークなどがあり、その後金利幅は拡大しました。デンマーク、スイスの中央銀行では-0.75%になっています。
 
今までもそうですが住宅ローンを組んでいる方だったら、毎年いくらか貰えるという状況になるでしょう。住宅取得控除でお金一部戻ってきてますよね。これの枠が拡大するかもしれないですね。
 
あと、学資保険などをやっているかたは、今後加速度的に、解約者がでてきて、予定金利をもらえない状況になるかもしれません。
 

ここなぜマイナス金利になるのか

一般的には通貨高の抑制とデフレ回避が目的と言われています。日本はインフレターゲットを2%としていますが、消費税を5%から8%に引き上げており、その影響を除くと2%を下まわっています。
 
とにかくデフレを脱したいという、政策なのでしょうが、マイナス金利は未だ日本ではやったことのない政策でこれがどのように日本経済に影響をもたらすのかデータも何もありません。非常に不安定な状態になったと言ってもいいんではないでしょうか?
 

今後を考える

今後はもっとリスクを伴った資産運用をしないと、いけないかもしれません。リスクを選択しない場合、それがリスクとなって帰ってきます。
 
銀行にお金を預けでも増えない、タンス貯金と変わりないかもしれないです。これもリスクですよね。泥棒に入られたら一撃です。
 
私が今思いつくのは、じゃあ外貨にしよう。FXですね。外国の金利はプラス金利のところも沢山あります。オーストラリアですかね、高い金利が見込めるのは。
 
オーストラリアドル、オージーです。
FXの金利スワップといいますが、1lot(通常1万通貨)で、40-50円の利息が付きます。
日本円にしておかなければ、マイナス金利も関係ありませんが、外貨は変動します。そのリスクを負わなければなりません。
あとは私の大好きなポイントですね。ポイントには利子も利息もありません。税金もかかりません。今後はわかりませんが、今は大丈夫です。
 
※2017.12.7追記
今なら米ドルもなかなかのスワップが付きます。
 

まとめ

もう始まってしまったマイナス金利は、このまま加速していくと思われます。今後は資産運用も、リスクマネージメントが非常に重要ですね。危機管理です。
 
自分の持っているお金の価値がいきなり変わることもありえます。その変化に対応するのがリスクマネージメントです。
 
円、ドル、フラン、元、等に色々な国の通貨に資産を分けたり、仕事に副業をもったり、現金だけでなく借金をしたりとすることもマネージメントです。
 
危機管理に副業はおすすめですよ。ハピタスならFx口座開設でpointをもらえます。
 
合わせて読みたい
 
 
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス