節約のトリセツ!

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ良品、節約、ポイント等、を紹介していきます!

住宅の選び方、後悔しても遅すぎる。

f:id:lifebookah590:20180517205356j:plain

住宅の選び方

住宅の選び方と凄く広いテーマを題材にしましたが、ここで言う選び方は持ち家か借家か。この点に関しての私なりの考え方をまとめていきます。

 

ここまですべての節約をこなした方ならもう今回のような話にも興味がでてくると思います。

 

そもそも今回の話は損得では片付けられません。保険に関しても考え方によって変わりますし、今回はもっと不確かです。

 

住宅についての考え方から始めます。

 

住宅はどうあるべきか

住宅として今回はマイホームとアパートで分けて話していきたいと思います。どっちを選択すべきなのか?そんな話です。

 

いや持ち家は買えない!

そんなことはないのです、格安のアパートじゃなければそれなりに支払があるのですからローンさえ組めば買えます。

 

購入時の簡単支払シミレーションができるサイトがあります。あれには他の諸経費と固定資産税が抜けているので完璧とは言えませんが、参考にはなります。

 

月々の支払

これはよくあるシミュレーターを使った金利のシミュレーションです。月々の支払が7万円になるようにしてみました。

 

この場合の内訳は

物件価格 3000万円

頭金   300万円

金利   0.5%

支払期間 35年

この条件になります。

 

アパートに住んでいる方なら家賃7万円の方もいますよね?十分可能なんです。もちろん頭金があればもっと楽です。

 

ここで仮に頭金を800万円にするとします。他の条件は同じで頭金を500万円ほどあげました。

 

すると月々の支払は5.7万円になりました!

500万円のお金を貯めるのは非常に大変ですが、月々の支払はすごく下がりました。

 

5.7万円であればなんとかなりそうですよね。

 

ここで重要なのは頭金はローン返済時には500万円以上の価値があります。3000万円を借り入れた場合、総返済額は金利0.5%であれば32707757円

 

頭金500万円を入れた場合の総返済額は27256464円になります。その差5451293円になり、頭金の1割程度を余計に支払うことになります。

 

金利が1%なら100万くらいの違いが出ます。お金の価値は変わるんです

 

マイホームを持つべきか

では買えるのであれば、マイホームを買ってしまうほうがいいのかどうかという話になります。

 

非常に難しい部分です。

 

論点はメリットとデメリットをどう捉えるかということだと思います。

 

マイホームメリット

・資産になる

・住宅取得控除がある

・住む場所がある

・足音、子供の声などの音を気にしないで済む

・月々のアパート代はない

 

マイホームデメリット

・移動できない

・震災などが起こった場合、保険で対応できないことがある

・高額な借入金

・固定資産税

・住宅手当の消失

・修繕費

・欠陥住宅

 

特に赤字の震災系はどうにもなりません。

洪水、地震、火事、雷、こういったものの保障は自分で保険に入るか、保険も適用外な場合は実費です。

 

家を買うなら場所選びは慎重に

震災系はどうにもならないのですが、水害、地震は少しは努力で防ぐことができます。地理的に水がたまる場所、もともとが池、沼。こういう場所は水害に遭いやすいです。それに比べて、駅の近くは比較的、水害、地震に強い土地が選ばれていることが多いです。

 

駅近は高いですけど、信頼できます。

また近所の状況は確認しておいたほうがいいです、治安を見るのは難しいですが、一つの参考として

・コンビニのトイレは使用不可になっているところは治安が悪い(万引き?)

・ 近所の家の洗濯物の干し方を見れば、人間性も見れる

・昼間は閑静な住宅だったが、夜はカラオケが聞こえてくる

 

こんなことも参考になるかもしれません。

 

場所選びには時間をかけましょう。

 

欠陥住宅を避けるために

物凄い決断をして、時間をかけて、夢を見た後に欠陥住宅であった時のダメージは計り知れません。

 

家庭崩壊を招く危険だって考えられます。

 

そして基本的に、素人が家の欠陥を見つけることはかなり難しいです。医者でもないのに病気がわかるのかと同じ意味だと思います。

 

勿論、明らかに家が傾いていれば分かると思いますがそんな家誰も買いませんし、買う前にナニコレってなりますよ。

 

ではそうなっていない場合の見つけ方は不可能だと思います。検査員を使うことをしてもあまりきちんと見てくれないことが多いようです。

 

ではどうすればよいのか?

 

色々なサイトにそれらしいことは書いてありますが、いまいちピンと来ませんでした。

 

ハウスメーカーの下請けはダメとか、人を見ろとか、契約を急ぐな。これは回避に直結しません。

 

そこで私が考えるのは、また病院と同じように考えてしまうのですが、実績です。

 

病院を選ぶ時に、みなさんはどのように選びますか?口コミでしょうか?外観でしょうか?ブランドでしょうか?

 

ブランドに関しては一定の信頼感はありますが、担当医が必ずしも良い医者かどうかは別です。

 

外観もあてにはなりません。口コミも結局人あたりしか書いてありません。病気へのアプローチが正しいかどうかは、素人には判断できません。

 

判断できるなら病院に行かずに、自分で治していることでしょう。

 

そこで、実績です。どの病気をどのくらいやったか?これは最近ではネットで調べることができます。

 

つまりこのハウスメーカーはどのくらい家を建てているのか?最近ニュースになっているようなことはないか。

 

そんなことを地道に調べていくしかないと思います。

 

非常に手間で、解決策とは言えないかもしれませんが、私が考え得る方法はこれだけです。

 

ずさんな会社はその経緯に何かしらあります。

 

まとめ

ローンにはまだ色々な選択肢があります。

固定金利、変動金利、元利均等、返済期間、生命保険、この辺はかなり説明に時間がかかりそうなので、おいおい書いていきます。

 

夢のマイホームという言葉は、ハウスメーカーのキャッチコピーだと思います。結婚指輪は給料3ヵ月分と同じ商法でしょう。

 

夢と言う言葉に惑わされてはいけません。人生で1番のイベントかもしれない住宅は冷静に考えて購入できたらいいです。

 

みんな買っているから自分もこのローンは払えるだろう。自分にもできないはずはない。そんな考えは危険です!

 

読んでいただきありがとうございました。

 

次は

住宅ローンの選び方です。

 

最初から読みたい方はこちらから

lifebookah590.hatenadiary.com