ハピタスの取説!評判・使い方・注意点 hapitasu

ハピタスの取扱説明書を目指します!ハピタス特化ブログ。評判、注意点などをまとめお得な使い方を紹介したいと思います。

dカードでの注意点 こえたらリボとは?

こえたらリボ

f:id:lifebookah:20170211072213p:plain

こえたらリボで来られる方が多いので、詳しくこえたらリボの説明をしていきたいと思います。

 

お店で「リボ払い」と言わなくても事前に決めておいた支払額を超えた分は、自動的に翌月以降に「リボ払い」という形式のことです。

 

リボ払いについて

そもそもリボ払いって?という方のために一応リボ払いとは
利用の件数・金額にかかわらず、毎月のお支払いを元金に手数料を加えてお支払いいただく方法です。 毎月のお支払いがほぼ一定だから、無理なく計画的にご利用になれます。
となっています。簡単に言えば分割ですね。私はこの言葉のほうが馴染みがあります。指定金額をこえたら自動リボ払い=こえたらリボということです。更に支払いが翌月に持ち越されるので。
名称未設定.png
支払いは常に一定になるわけですね。ここが分割と違うシステムになります。仮に金利を無視してこえたらリボを3万に設定した場合のシミュレーションをしてみましょう!

こえたらリボ金利シミュレーション 

10万の支払いがあれば
1ヶ月目⇒3万
2ヶ月目⇒3万
3ヶ月目⇒3万
4ヶ月目⇒1万
という形になります。
 
金利がなければ支払いが一定になり、管理もしやすいかもしれませんが実際は金利は無視できません。
 
Dカードのこえたらリボの年利は15%です。今回のように4か月をかけて支払う場合。
 
5%の金利がかかってきます。ですので計算面倒なのですが102,824 円が最終的に支払う金額になります。
 
2,824円の差額が高いか安いか。それは個人差があると思いますが、今回リボを選択してもらえるポイントよりは少ないですね;;
 
こえたらリボを利用のしたい場合は手続きが必要となります。webや電話で設定可能ですがおすすめしませんね!

キャッシングリボ

あとキャッシングリボですが、あらかじめ設定された利用枠の範囲内で1万円単位で繰り返し現金を借り入れできます。
 
手持ちのカードで、現金を借りることができるということです。借金が手軽にできる!ってことですね!はい、おすすめしません!この借金のお手軽さで自己破産になる方が増えてると聞きます。皆様も気を付けて下さい。
 

f:id:lifebookah:20170308213615p:plain

CD・ATMでの引き出しやインターネット・電話からの、口座への振込みなどで利用できます。

dカードを作るときの注意~こえたらリボ~

dカードについてこの前記事を書きましたよかったら合わせて読んで下さい。(dカードを作る場合、ハピタスを経由すると更にお得になるという記事です)
 
dカードを作るときに、オプションで選ぶのが今回の話のこえたらリボです。こえたらリボとキャッシングリボを追加すると、ポイントが更にもらえるキャンペーンになっています。
 
前回のカード作成時にもらえたポイント。
こえたらリボ 1000point
キャッシングリボ 1000point
 
ここで注意点ですね。こえたらリボ1000ポイント貰えるけどつけるべきか?
 

超えたらリボ解約方法

こえたらリボの解約方法ってなかなか出てこないです。

公式サイトで調べてもよくわかりませんでした。

サイト上でできることは上限額の変更だけのようです。

 

今は基本的に電話での解約しかないそうです。

アナウンスによる案内で、番号を入力

その後オペレーターでの変更となるようです。

 

キャンペーンを取りに行く方は

解約方法もきちんと調べておかないと

危険ですね。

 

まとめ

リボ払いは支払いが一気に来ない分、負担は少ないく管理しやすいかもしれませんが金利はしっかり取られます。
 
仮に今回貰える1000ポイントでは、割にあいません利息の方が結果多くなってしまいます。
お得にはなりませんね
 
クレジットカードを作成する時は、リボ関連の設定をするときは注意が必要です。最初から支払のすべての支払いがリボになる!
そんなクレジットカードなんかもあります。
 
しかもリボじゃないとカード作れないなんて代物も要注意ですね!
 
クレジットカードは便利で特典もたくさんありますが、注意点もたくさんあるのでここが少しでも役に立てば幸いです。
 
今回のようなリボでのキャンペーンでポイントを得るよりも
ハピタスのようなポイントサイトを経由利用したほうが
簡単安全に得することができますよ!
 
ハピタスの詳しい記事は下に張ります。
私ももう2年くらい利用しています。
すごくおすすめなので見てみてください。
 
今回紹介したdカードも、ハピタスを経由すれば更にポイントが獲得できます。
 
合わせて読みたい

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス